2014年 05月 16日

昭和33年~日本家屋

「大倉山記念館」最寄駅の大倉山駅に
新名所が誕生した。

東急東横線・大倉山駅に現存し
2年前に住まいとしての役目を果たした後
アトリエとして、蘇った日本家屋。

初めて
一般公開されたということを
妹が教えてくれたので
早速、行ってみた。

外観の撮影はOKだったけれど
昭和の名残をとどめる
内装については撮影NG。

洋室には、アメリカ製のステレオが飾られている。
近代建築物や昭和レトロファンの方
また
秋にも一般公開されるらしいので

大倉山記念館と一緒に
訪ねてみては、いかがでしょう。



家屋の玄関へとつづく
アプローチ
a0063128_19515562.jpg
勝手口につづく
a0063128_13063843.jpg

a0063128_13073070.jpg

a0063128_19531632.jpg
スケッチ風に加工

a0063128_19534303.jpg
a0063128_19540328.jpg
縁側のある家屋
レトロふうに加工
a0063128_19541831.jpg
アトリエのスタッフの方によると
「20代の昭和を知らない若い方が
ほわんとした時間を過ごせると、おっしゃって
1時間くらい、ぼ~っとされてましたよ」
とのことでした。

[PR]

by love_cafe | 2014-05-16 23:38 | ▽街角探検隊▽


<< 4月のお題「ボケ」復習編      F値4.5のキミ >>